非日常空間の“香りブランディング”

コト|2019/05/20

板さん

最近、空間に香りを取り入れる商業施設が増えている。

例えば、ホテルのロビーで香りに惹かれて深呼吸する。 非日常にモードが切り替わる心地よい体験だ。

 

そこで、香りに注目し京都のホテルのロビーをあちこち訪問してみた。

印象的だったのが「ウェスティン都ホテル京都」。京都を代表する老舗ホテルであり、世界ブランドのひとつでもある一流ホテルだ。

 

マーケティングご担当者に香りの活用について伺ってみると、まず、グループ全体で「パーソナルリニューアル(心身の再生)」をテーマにゲストの五感に訴え、癒す取り組みを行っているという。

その一環として、アメリカの香水メーカーと共同でウェスティンだけのオリジナルアロマ「ホワイトティー」を開発。

 

「 “Feel‒Well”~心を落ち着かせ、やわらかな静けさと幸せな気分を呼び起こし、旅で疲れた体に活力を与えてリフレッシュできる場所」をイメージしている。

青々としたツタとホワイトティー(白茶)の茶葉を調合し、ウッディとムスクで深みと豊かさを加えた香りで、ロビー、エグゼクティブラウンジ、客室アメニティに展開している。

 

 

■「ホワイトティー」が香る「ウェスティン都ホテル京都」ロビー

 

 

■アメニティーも同じ香りで統一されている

 

この話を聞き、「香りだけでなく心遣いに癒されているのだなぁ」と納得。

さらに、「世界各国のウェスティンで、お客様がより良いご滞在の経験を五感でインプットされ、別のウェスティンで思い出されて、さらに新しいご経験を記憶いただく。 香りには、そうしたはたらきを高める効果も感じます」と語ってくださった。

 

 

香りが空間を印象づけ、思い出を喚起して愛着が深まる。

その場所でしか体験できないこのはたらきは、SNS全盛の今、ブランディング手段として貴重な価値を発揮しているのではないだろうか。

 

 

取材協力:ウェスティン都ホテル京都

https://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/

TKGに相談だ!

ハシヤスメ

日常の中で気になったこと、
気づいたことアレコレ

注目のタグ

TKG PRESSロゴマーク

  • TKGとは...

  • TKGは“T=大平印刷、K=企画女子の、G=五感”の略。大平印刷企画課の女子が、見る、聴く、触れる、味わう、嗅ぐといった五感のアンテナをのばし、ココロに触れたモノ、コト、シゴトをカテゴリーごとにフォーカス。
    気になる話題を担当者独自の感性で切り取ります。
    たまごかけごはんちゃうで。

TKG Member Profile

  • エリコ

    エリコ

    “遊ぶようにシゴトする” がテーマです。どんな垣根もひょいと超えて、アンテナを伸ばし続けます。キティ好き。

    >記事一覧

  • ミリ

    ミリ

    人生100年時代に向け、現在は体力作りに興味あり。家族と子供の成長に合わせた働き方を模索中のアラフォーです。

    >記事一覧

  • 板さん

    板さん

    娘が中学生になり、急に増えた自分の時間の使い道を思案中。衣食住や学びの充実とお金・老後のバランスに悩みます~。

    >記事一覧

  • まいまい

    まいまい

    「山があるって安心だなぁ~」と、毎朝、山を見て和める京都人。知らない猫さんに話しかる癖があります。

    >記事一覧

  • しろみ

    しろみ

    見習いを卒業して、晴れてプランナーになりました!興味のあることに、あっちこっち首を突っ込みます。

    >記事一覧

  • マーサ

    マーサ

    TKGのOG。20年以上住んだ東京から名古屋へ。心のすまいはもちろん京都。〇〇家を目指し奮闘中!
    www.mahsa.jp

    >記事一覧

過去の「TKG PRESS」はこちら

TKG PRESSへのご意見・ご感想をお待ちしています。
tkg@taihei.co.jp

お問い合わせ