京都府立大学 ACTRプロジェクト様

京都府立植物園 触地図+音声ペンガイド/時期: 2020年12月

印刷物にも「ユニバーサルコミュニケーション」を!
視覚障がいを持つ方が、園内を迷わず楽しめることを
実現した触地図+音声ペン

視覚障がい者の方が楽しむことを目的として、点字印刷と2次元コード印刷を活かした音声ペン(音声情報)を組み合わせた触地図を制作しました。
制作にあたって、既存の園内マップの触地図化ではなく、情報を取捨選択、例えば、色や形の視覚情報は減らし、手触りや音、匂いの情報を付加するなど、視覚障がい者の方が知りたい情報に絞りました。
触地図の表面に抗菌ニスを塗布し、使用者の安全・安心にも考慮しました。

 

 

■PDF版の事例集はこちら

ご担当者様より

2021年3月より、視覚に障がいをお持ちの方に貸出しをしています。
利用された方には好評をいただいており、「植物の説明がすごく丁寧だった」「トイレなどは簡略に表現されメリハリがあり分かりやすい」などのお声をいただいています。
また、音声ペン案内で「バラのトゲにふれてください」など「~生きた植物の博物館~ 京都府立植物園」ならではの植物に触れて感じていただく案内に「大変満足した」とのお声もいただきました。

制作事例TOP