■印刷会社がおすすめするPDF入稿

データ入稿にはイラストレーターやインデザイン等を使った「データ入稿」と、
印刷用のPDFに変換する「PDF入稿」の2種類があります。
最近はトラブル回避の側面からもPDF入稿を推奨する印刷会社が増えています。
どういったメリットが備わっているのでしょうか?

PDF入稿のメリット

1.OSやバージョンが違っても同じ環境で確認ができる

ExcelやWordなどの他のデータ形式で入稿すると、文字化け、レイアウトのずれなど
OSや環境によって変化する可能性がありますが、PDFはどの環境で見ても同じ見え方をします。

2.フォント埋め込み機能がある

イラストレーターやインデザインなどはアウトライン化を行う必要がありますが、
PDFにはフォント埋め込み機能が搭載されているため、設定1つで簡単にフォントを埋め込むことが可能です。

3.データが軽い

イラストレーターやインデザインなどのデータはボリュームが大きいと、
容量が大きくなりダウンロードやアップロードだけでも大変時間を要します。
写真をきれいに印刷するには、高解像度のデータを使う必要がありますが、
そのようなデータは容量を圧迫し、ダウンロードだけでも大変な時間を要します。
PDFは高解像度の画像を変換しても、画像が粗く見えずに容量をおとすことが可能です。

 

※通常の「データ入稿」では、データ不備やリンク切れなどの不具合が発生した場合、
印刷会社の方で手直しが可能です。反対に「PDF入稿」では入稿時の不具合は極端に減りますが、
不備や修正が発生した場合は印刷会社で手直しができません。
データ作成時には十分に注意しましょう。

◆他にもこんな記事がおすすめです◆

【お役立ち情報】ワード、エクセル、パワーポイントで入稿できるの?オフィス系のソフトが入稿で推奨されない理由

【お役立ち情報】アウトライン化とフォント埋め込みって何? 印刷入稿時のトラブルを防ぐために

お役立ち情報TOP