■使い方を間違えると事故になるオーバープリント。正しい使い方を理解しよう!

オーバープリントとは色と色を重ねて印刷することです。「ノセ」とも言われています。
主に黒色(K100%)を使う際によく使用されています。

スミノセ(ブラックオーバープリント)とは

下の色が濃い上に黒色の文字がある場合、オーバープリントをしないと下の色と文字がうまく重ならず、
見当ずれ(版ずれ)によって隙間が出てしまう可能性があります。
その際にスミノセ(ブラックオーバープリント)が使用されています。

スミノセをしない場合

スミノセをした場合

オーバープリントの注意点

<黒色(K100%)の場合>

スミノセは黒色(K100%)に対して行われます。
文字や図形などには有効ですが、写真やカラー背景に配置されると黒い部分が透けて見えてしまいます。
写真やカラー背景の上に黒色を配置される際は、リッチブラック(CMYKをかけあわせた黒色)の使用がおすすめです。

オーバープリント:黒色(K100%)の場合

現在は自動的にスミノセ設定にしている所が多いですが、
予期しない画像が透過されている可能性がありますので、注意が必要です。

<黒色以外のカラーの場合>

色と色を重ねるため、思わぬ色に変わってしまいます。

オーバープリント:黒色以外のカラーの場合

<白色の場合>

背面の色と完全に同化してしまうため、見えなくなってしまいます。

オーバープリント:白色の場合

入稿時や校正時には十分な確認が必要です!

◆他にもこんな記事がおすすめです◆

【お役立ち情報】ピンホール、モアレ、見当ズレ…出会いたくない印刷不良たち(1)

【お役立ち情報】ゴースト、ブロッキング、裏移り…出会いたくない印刷不良たち(2)

お役立ち情報TOP