富裕層の心をつかむ“おもてなし”の極意

シゴト|2019/12/12

エリコ

観光ニュースでよく聞く“富裕層”という人々。

日々彼らと接する案内のプロは、どう応対しているのだろう?

 

 

京都や奈良などでガイドをしている、(株)KOKO 代表取締役社長で通訳案内士の伊集院幸子(こうこ)さんにお話を伺った。

 

 

伊集院さんのゲストは経営者や弁護士、開業医、最近は若手IT起業家の方など。初対面の方も多いが、彼女は先入観を持たないよう国籍や年齢、職業などを事前に聞かないそうだ。

 

 

 

ゲストはタイプもさまざまだが、会うとまず「お客さまのテンションを探ります」と伊集院さん。賑やかな方には賑やかに、静かな方には静かめに。

 

 

「半日から一日を一緒に過ごすので、テンポを合わせて、心地よくいられる関係をつくります」

 

 

そして日本的な“先回り”はしない。

 

 

例えばゲストが子連れのとき。 夫婦水入らずがよかろうと思い、“お子さんと待っているので、ご夫婦で見てきては”なんて確認なく勧めると、“子どもにも見せたいから”と断られることも。

 

 

「こちらがよいと思っても、相手もそう思うかは別。細かいことでも必ず確認するようにしています」。

 

 

“相手を慮る”のは日本の美徳だが、ゲストの心地よさにつながるとは限らない。

 

 

こうした伊集院さんの明快で具体的な態度は、富裕層相手でなくとも、円滑で心地よいおもてなしコミュニケーションのヒントになりそうだ。

 

 

TKGに相談だ!

ハシヤスメ

日常の中で気になったこと、
気づいたことアレコレ

注目のタグ

TKG PRESSロゴマーク

  • TKGとは...

  • TKGは“T=大平印刷、K=企画女子の、G=五感”の略。大平印刷企画課の女子が、見る、聴く、触れる、味わう、嗅ぐといった五感のアンテナをのばし、ココロに触れたモノ、コト、シゴトをカテゴリーごとにフォーカス。
    気になる話題を担当者独自の感性で切り取ります。
    たまごかけごはんちゃうで。

TKG Member Profile

  • エリコ

    エリコ

    “遊ぶようにシゴトする” がテーマです。どんな垣根もひょいと超えて、アンテナを伸ばし続けます。キティ好き。

    >記事一覧

  • ミリ

    ミリ

    人生100年時代に向け、現在は体力作りに興味あり。家族と子供の成長に合わせた働き方を模索中のアラフォーです。

    >記事一覧

  • 板さん

    板さん

    娘が中学生になり、急に増えた自分の時間の使い道を思案中。衣食住や学びの充実とお金・老後のバランスに悩みます~。

    >記事一覧

  • まいまい

    まいまい

    「山があるって安心だなぁ~」と、毎朝、山を見て和める京都人。知らない猫さんに話しかる癖があります。

    >記事一覧

  • しろみ

    しろみ

    見習いを卒業して、晴れてプランナーになりました!興味のあることに、あっちこっち首を突っ込みます。

    >記事一覧

  • マーサ

    マーサ

    TKGのOG。20年以上住んだ東京から名古屋へ。心のすまいはもちろん京都。〇〇家を目指し奮闘中!
    www.mahsa.jp

    >記事一覧

過去の「TKG PRESS」はこちら

TKG PRESSへのご意見・ご感想をお待ちしています。
tkg@taihei.co.jp

お問い合わせ