譲られたきものが運ぶ幸せ

モノ|2019/02/02

エリコ

きものを着るようになると、きものをいただくことも多い。

 

着付けを習い始めたとき、祖母にはタンスごと譲ってもらった。

 

わくわくしながら引き出しを開けると、中からは羽織がたくさん出てきた。

 

きものを一枚作るより、羽織を作る方がもちろん財布には優しい。

きものは同じでも、羽織で見た目の変化を楽しもうとしていたのだろう。

お洒落だった祖母の工夫のあとが伺われた。

 

 

譲られて私の許にやってきたきものには、自分が選んだものとは違う面白さがある。

元の持ち主と私の好みは当然違うので、まず自分では選ばない色や柄のものがやってくる。

ところが洋服とは異なり、「どうかな?」と思った色や柄の顔映りが案外よいこともある。

 

 

そうなると、手持ちの小物も出してきて、あれやこれやとコーディネートを考えることになる。きものを譲られると、そんな幸せな時間をも一緒にいただくことになるのだ。

 

 

私の手許にやってきたものは、元の持ち主が「もう着ないから」という理由で手放したものが大半だ。

 

 

そうして私のところで“第二の人生”を歩み始めたきものに袖を通すとき、ふと前の方はどんな帯や小物を合わせたのだろう、と考えを巡らせることがある。

 

 

どんな場所に着て行ったのか、誰に会うときに選んだのかと想像すると、私の知らない時間や空間を経てここに辿り着いたきものに、不思議な縁を感じてしまう。

 

 

元の主はどんな思いで自分のきものを送り出したのだろう。彼女たちが手放すきものに託した愛情や思いを、ちゃんと受け取れていたらいいなあと思わずにはいられない。

TKGに相談だ!

ハシヤスメ

日常の中で気になったこと、
気づいたことアレコレ

注目のタグ

TKG PRESSロゴマーク

  • TKGとは...

  • TKGは“T=大平印刷、K=企画女子の、G=五感”の略。大平印刷企画課の女子が、見る、聴く、触れる、味わう、嗅ぐといった五感のアンテナをのばし、ココロに触れたモノ、コト、シゴトをカテゴリーごとにフォーカス。
    気になる話題を担当者独自の感性で切り取ります。
    たまごかけごはんちゃうで。

TKG Member Profile

  • エリコ

    エリコ

    “遊ぶようにシゴトする” がテーマです。どんな垣根もひょいと超えて、アンテナを伸ばし続けます。キティ好き。

    >記事一覧

  • ミリ

    ミリ

    人生100年時代に向け、現在は体力作りに興味あり。家族と子供の成長に合わせた働き方を模索中のアラフォーです。

    >記事一覧

  • 板さん

    板さん

    娘が中学生になり、急に増えた自分の時間の使い道を思案中。衣食住や学びの充実とお金・老後のバランスに悩みます~。

    >記事一覧

  • まいまい

    まいまい

    「山があるって安心だなぁ~」と、毎朝、山を見て和める京都人。知らない猫さんに話しかる癖があります。

    >記事一覧

  • しろみ

    しろみ

    見習いを卒業して、晴れてプランナーになりました!興味のあることに、あっちこっち首を突っ込みます。

    >記事一覧

  • マーサ

    マーサ

    TKGのOG。20年以上住んだ東京から名古屋へ。心のすまいはもちろん京都。〇〇家を目指し奮闘中!
    www.mahsa.jp

    >記事一覧

過去の「TKG PRESS」はこちら

TKG PRESSへのご意見・ご感想をお待ちしています。
tkg@taihei.co.jp

お問い合わせ