持続的?! vs 経済的?!

コト|2021/06/24

ミリ

防災の観点から自宅に宅配ウォーターを迎えたのは7年前。

温冷の水が常時飲めるという利便性、夫がお茶ではなく水を好むという理由で、
気が付けば12ℓボトルを月に4本ほど注文していたところに最近問題が発生した。

1ボトルに対して数百円の値上がりとなり、月額のサーバー代、月々の電気代などを含めると
家計の負担になることをきっかけに、他社のウォーターサーバーを検討する必要が出てきたのだ。

意識的に比較すると各社メリットもさまざまで、検討の結果ようやく、
「よし!この宅配ウォーター会社で夫に相談しよう」となった。

 

この会社のメリットは以下。

 

●月額使用料はナシ!

●使い終わったボトルは回収されることなく圧縮してリサイクルに出せる!
(空容器の置き場に困ることなし)

●電気代が今より安くなる!

●天然水(現在の宅配ウォーターは天然水ではない)

 

しかしデメリットもあるわけで、今よりも1ボトルに対して200円のコストアップとなるが、
そこは天然水に変わるわけだし夫も賛成してくれるはず!・・・と思った。

 

が、しかし、夫から意外な意見が出た。それは今までは空ボトルを業者が回収し、
それを洗浄してリユースしていたのだが、新しい宅配は飲んだ後にリサイクルに出せるといえども、
プラスチックを毎回排出することが気になるという点だ。マイクロプラスチックの問題もあるし、
できればリユースしている会社を継続したいと言う。うーん、私としては空容器の置き場に困っていたわけで、すぐに捨てられるという点は魅力的だと思っていたのだが、なるほど、夫が気になる点も理解できる。

 

そして夫婦でたどり着いた答えはこうだ。

 

毎月の注文数を減らす(つまり夫がお茶を飲んでくれる)ことで、既存の業者さんで継続することになった。気になる電気代は、その業者さんに確認したところエコモードを使えば安くなると分かった点も後押しとなった。

 

この経験を通じて、消費者がモノ、コト、サービスを選ぶ際は値段だけではなく、その会社が地球環境に
配慮しているかどうかという点も検討材料になる時代なのだと感じた。

あとは、コストが妥協できるかどうかも大事だが、そこは環境問題を軸に家族で話し合いながら、代替案を出すこと・工夫することでモノゴトを決めていくこの過程に意味があるのだと痛感した出来事だった!

 

ミリ

TKGに相談だ!

ハシヤスメ

日常の中で気になったこと、
気づいたことアレコレ

注目のタグ

TKG PRESSロゴマーク

  • TKGとは...

  • TKGは“T=大平印刷、K=企画女子の、G=五感”の略。大平印刷企画課の女子が、見る、聴く、触れる、味わう、嗅ぐといった五感のアンテナをのばし、ココロに触れたモノ、コト、シゴトをカテゴリーごとにフォーカス。
    気になる話題を担当者独自の感性で切り取ります。
    たまごかけごはんちゃうで。

TKG Member Profile

  • エリコ

    エリコ

    “遊ぶようにシゴトする” がテーマです。どんな垣根もひょいと超えて、アンテナを伸ばし続けます。キティ好き。

    >記事一覧

  • ミリ

    ミリ

    人生100年時代に向け、現在は体力作りに興味あり。家族と子供の成長に合わせた働き方を模索中のアラフォーです。

    >記事一覧

  • 板さん

    板さん

    娘が中学生になり、急に増えた自分の時間の使い道を思案中。衣食住や学びの充実とお金・老後のバランスに悩みます~。

    >記事一覧

  • まいまい

    まいまい

    「山があるって安心だなぁ~」と、毎朝、山を見て和める京都人。知らない猫さんに話しかる癖があります。

    >記事一覧

  • しろみ

    しろみ

    見習いを卒業して、晴れてプランナーになりました!興味のあることに、あっちこっち首を突っ込みます。

    >記事一覧

  • マーサ

    マーサ

    TKGのOG。20年以上住んだ東京から名古屋へ。心のすまいはもちろん京都。〇〇家を目指し奮闘中!
    www.mahsa.jp

    >記事一覧

過去の「TKG PRESS」はこちら

TKG PRESSへのご意見・ご感想をお待ちしています。
tkg@taihei.co.jp

お問い合わせ