大平印刷株式会社

社長メッセージ

社長メッセージ

代表取締役社長 水野 整 画像

ハイブリッド営業で、
お客様の課題解決を

~デジタルと印刷の連動で、新たな価値をご提供する会社へ~

 この度の新型コロナウィルス感染症は、拡大現象と鎮静化に向けた施策を繰り返しています。まだまだ終息の光は見えておらず、このウィズコロナの時代を生きる今、とくに非接触施策が必然的に求められる状況下で、いかにお得意先企業様のお役に立てるのか。この命題に対し、当社ではこれまでの事業領域を見直し、コミュニケーション環境の変化に積極的に対応することを最優先すべく、新たなスタートを切りました。

 具体的には、2021年4月より、営業本部を「ハイブリッド営業本部」に名称を変更いたしました。「名は体を表す」と言いますように、これは大平印刷の新しい営業スタイルを表明するものです。

 当社は創業以来、印刷業を生業にしてきましたが、今後はWebサイト・動画の制作やSNSを活用したプロモーションなどの「デジタルコミュニケーション」と、従来から提案しております「印刷」を核にした「リアルコミュニケーション」の両軸を連動させる営業を推進してまいります。

 ほんの一例ですが、展示会の企画については、開催方法をリアル開催から、オンライン併用型のスタイルを提案します。デジタル技術を活用したオンライン上のプラットフォーム提案に加えて、配信するコンテンツの提案を行うと共に、それに効果的な印刷物を活用し、総合的に販促効果を高めるご提案を行います。また、Webサイトや動画サイトでの配信用に撮影する動画・静止画は、デジタルコンテンツのみならず、印刷物にも効果的に反映、トータルに企業の広報活動の成果をあげられるよう、工夫を重ねてまいります。

 さらに各種の企画において、これまで冊子等で運用しているマニュアル類を、積極的に動画展開を図り、教育分野を支援するなど、あらゆる案件のデジタルと印刷の連動を総合的に図っていきます。

 お客様の課題は、日々変化します。我々はその変化の兆しに、逃げずに挑み、新たな価値を提供できるように、努力を重ねてまいります。大平印刷のハイブリッド営業に、ご期待ください。

2021年4月21日
大平印刷株式会社
代表取締役社長
水野 整(ミズノ ツトム)