印刷会社にとって、重要なことは?

 

初めまして!安田孝弘と申します。

私は製造部印刷工場課で、工場長として「印刷」業務を担当しています。

 

プロフェッショナル 安田

 

文字通り、版を使って用紙に印刷する仕事です。

我々は日々ご発注いただいたお客様にご満足いただけることを考え、業務を行っています。

まず、我々にとって最も重要なことは、DTP課から出力された刷版を忠実に再現することです。そして、最初から最後までインキ濃度を一定に保ち印刷します。

 

刷版を忠実に再現することや、インキ濃度を一定に保つためには日ごろからの機械管理がとても重要です。更に用紙は毎日の温度や湿度に左右されやすく用紙の変形や、静電気を帯電してしまうことがあり、印刷品質に大きな影響を及ぼすため、温度・湿度は常に一定になるように空調管理にも手が抜けません。

またしっかりとしたメンテナンスを行うためには、オペレーター教育は欠かせないと考えています。いつどのタイミングで何ためにメンテナンスを行うのか、その結果、どのような状態にしたいのかを、分からずしてメンテナンスを行っていても全く意味がないからです。

次回は、「機械のメンテナンス」について、詳しくお伝えしていきたいと思います。