紙と向き合い、お酒のラベルとしての適性を見極める

今回は、私が手掛けるさまざまな包装資材の中でも、「宝酒造グループならでは!」のアイテム、お酒のラベルについてご紹介していきましょう。

 

お酒の新発売やリニューアルの際には、必ず新しくデザインされるラベル。

 

みなさんの中にも、「ラベルに魅せられて、思わず手に取ったことがある」「いつも飲むお酒のラベルには親しみを感じる」という方がおられるのではないでしょうか?

小さなラベルの中に、そのお酒の味わいや世界観が豊かに表現されているわけですね。

 

そこで、グラフィックのデザイン要素とともに、重要な役割を果たすのが“紙”です。

紙が持つ、表面の凹凸や、手触り感、光沢の度合いなど、さまざまな特徴が、ラベルに深い奥行きをもたらします。

 

例えば、人気の全量芋焼酎「一刻者」のラベルには、和紙素材が使われています。しかも、あえて裏面を使用することで、独特の風合いを醸し出しているのです。

IMG_0436

そして、紙には多様な種類があり、それぞれに性質が異なります。

印刷・加工を行うためには、まずは候補となっている紙の「ラベルとしての適性」を検証することが大前提となります。

 

しかし、質感のある紙は、印刷はもちろん、箔押しやエンボスなどの加工が難しいことがあります。

また、印刷後にカールしてしまわないかなども慎重に検証していきます。

さまざまな方法を試し、コスト試算も行いながら、ベストの印刷・加工方法を探っていく中で、ラベルとしての機能や品質を確保していきます。

 

今後も、容包品のプロフェッショナルとして、さまざまな紙の質感を生かしたラベルを通して、お酒の魅力を最大限に伝えていきたいですね。

 

みなさんもお店に行かれたら、ぜひ、お酒のラベルに使われている“紙”に注目してみてください!