オンライン校正は、今後印刷業界のスタンダードに

こんにちは、大平印刷の石田です。

 

今回は、「新しい校正方法」についてご紹介したいと思います。

 

校正と言えば、以前は、印刷会社が出力したインクジェットやカンプ、または本機校正などの校正紙を担当営業がお客さまに届ける方法が一般的でした。

 

また、PDFで責了の修正確認をしていただく場合は、修正前後のPDFを作成し、お客さまに送信して確認いただき、印刷工程に進むという流れでした。
しかし、最近ではオンライン校正という便利なシステムが徐々に普及し始め、弊社でもすでに導入・運用が進んでいます。

 

オンライン校正とは、印刷会社の持つ印刷用最終データをインターネットブラウザで公開し、IDとパスワードで管理された専用サイトにログインすることで、進行中のデータを確認できるシステムです。

 

インターネットに接続できる環境があれば、いつでも、どこでも(出張先、外出先など)校正することができます。
一見、「印刷会社が便利になるだけでは」という印象を受けがちですが、私の経験上、お客さまにも便利に使っていただける利用法とメリットがかなりあると感じています。
例えば、従来のように直接修正指示を書き込むこともでき、さらに複数の校正者の方と印刷会社とでその内容を共有できますし、専用ツールにより修正前後の違いを比較しやすいため、見落としなどの防止にも役立ちます。
繝倥z繝シ繧キ繧吩ク€隕ァ4

修正指示もオンライン上でご確認

 

繝倥z繝シ繧キ繧吩ク€隕ァ7

どこを修正したのかも一目瞭然

 

お客さま側のご担当者の世代が変わるにつれて、よりいっそう、これまでの校正のやり取りよりも、インターネット上での進行が受け入れられていくのではないでしょうか?

 

そして、お客さまや案件により活用方法はさまざまあれど、オンライン校正という手法そのものは、印刷業界にとってスタンダードになっていくと感じています。