MENU

動画マーケティングの重要性と成功のポイント、事例を交えて解説

2023年9月12日

マーケティングの手法として、動画が注目されています。
動画共有サイトやSNSでの動画閲覧の増加により、動画マーケティングの効果が期待できるうえ、テレビCMのように高額なコストがかかるわけではありません。
また、撮影や制作についての技術が進歩し、身近な存在になりました。

本記事では、動画マーケティングの重要性や成功のポイントについて、事例を交えながら解説していきます。

動画マーケティングの重要性

マーケティングは、自社の商品やサービスを顧客に向けて広め、売り込むための戦略的な活動全般を指します。
そしてマーケティングにおいて動画を活用することは、多くの企業にとても有効です。

動画は、視覚的なインパクトと分かりやすいナレーションなどにより、自社の商品やサービスの特徴や利点を強調して伝えることができます。
顧客のニーズを理解し、適切な商品やサービスを提供することで、購買や決定を促すことができるでしょう。

ビジネスの成長と成功において重要な役割を果たす企業活動として、マーケティングとブランディングという二つの異なる概念があります。
マーケティングは商品やサービスの販売を中心に、顧客との取引を促進するための戦略的アプローチです。
一方、ブランディングは、企業や商品の個性と認知度を高め、顧客との長期的なつながりを築くための取り組みです。
これらの両方をうまく組み合わせることで、ビジネスの成功をより確実なものにできるでしょう。

ブランディング動画については下記の記事を参考にしてください。
ブランディング動画の効果的な活用方法とは?メリット・デメリットも解説

動画マーケティングの成功事例

動画マーケティングの主な目的は、「商品・サービスの認知度向上、集客」「商品の購買促進」「商品のサポート、ユーザーサポート」などです。ここでは、目的別に事例を紹介します。

商品・サービスの認知度向上、集客

動画は、多くの情報を短時間でまとめて伝えることができます。
視聴者は、負担を感じることなく商品について理解を深められます。
そのため、企業・商品・サービスの認知度向上や集客、ブランディングなどに有効です。
言葉で表すのが難しい情報も、動画なら伝えることが可能で、認知度向上に大いに役立つでしょう。

商品の購買促進

購買促進には、具体的で信頼性の高い情報を提供することが望まれます。
商品を拡大したり縮小したり、アニメーションや効果音を使ったりしながら、通常では見せられない部分まで公開してもよいでしょう。そういった動画は、視聴者の興味を引くはずです。
構造や仕組みなどを理解できれば、製品に対する信頼度が増すのではないでしょうか。また、ユーザーへのインタビューなど、商品やサービスを実際に利用した感想なども購買促進の手法として効果的です。
見込み客の感覚を刺激する動画を制作して、購買欲を起こさせることを目指しましょう。

  • ネスレ日本 ROASTELIER ®by NESCAFÉ ® の焙煎したて豆のコーヒーセミナー社名「動画タイトル」

    世界チャンピオンのバリスタ、粕谷哲氏が美味しいコーヒーの淹れ方や楽しみ方などを教える動画です。
    コーヒー豆を購入して自宅で本格的なコーヒーを淹れている方なら興味を引かれることでしょう。
    ROASTELIER ®by NESCAFÉ ® の焙煎したて豆のコーヒーセミナー - YouTube

     

  • 株初心者が投資に挑戦! 松井証券 テスタの魔法株学校

    ネット証券会社の松井証券が、魔法株学校という設定の動画をシリーズ化して公開しています。
    カリスマトレーダーのテスタ氏が校長を、M-1チャンピオンであるマヂカルラブリーの村上氏が副校長を務め、相席スタートの山添寛氏 、JOY氏、手島優氏、佐田志歩氏の4名が、見習い株魔法使いとして入学するという設定です。
    株初心者が投資に挑戦! 松井証券 テスタの魔法株学校 #1 - YouTube

     

「プロモーション動画とは?動画の種類や制作のポイント、事例紹介など」

商品のサポート、ユーザーサポート

動画は、既存のユーザーへのサポートやフォローといった手段にも有効です。
例えば、製品の使用方法や部品交換などは、実際に映像で確認できると分かりやすく、事前に視聴をすることで安心して商品を使用できます。

これらの成功事例は次の章で説明する3Hと密接に関係します。

動画マーケティング成功のポイント

動画マーケティングを成功に導くためのポイントや戦略を説明します。

HHH(スリーエイチ)戦略

HHH戦略とは、Googleが提唱している、YouTubeを利用した動画マーケティングにおける戦略のことです。
3つの動画スタイルである「Hero(ヒーロー)動画」「Hub(ハブ)動画」「Help(ヘルプ)動画」の頭文字が名称の由来です。
それぞれの動画を適切な場所で、適切なタイミングに配信することで、成果を上げるという戦略です。
動画スタイルを使い分ける理由は、異なる視聴者のニーズや行動段階に対応するためです。3つの動画スタイルについて順番に解説します。

  1. 注目を集めるためのHero(ヒーロー)動画

    Hero動画は、大規模な注目を集めるための魅力的なコンテンツです。
    企業が新しい製品、キャンペーン、重要なアナウンスメントなどを宣伝する際に活用されます。
    エピソードのような形式で制作され、視聴者の関心を引きつけるためにクリエイティブな要素が強調されます。
    Hero動画は、ブランドの知名度向上や広告的な目的を果たすために使用されます。

     

  2. 見込み客とつながるHub(ハブ)動画

    Hub動画は、企業が一定のテーマに基づいて定期的に提供するシリーズ形式のコンテンツです。
    このコンテンツは、視聴者に定期的なコンテンツ視聴を促し、ブランドとの継続的な関係を築くことを狙います。
    企業の専門知識や業界のトレンドに焦点を当てたコンテンツを提供することで、視聴者の興味を引き続けます。

     

  3. 顧客のニーズに応えるHelp(ヘルプ)動画

    Help動画は、視聴者の問題や疑問に対する解決策を提供するコンテンツです。
    チュートリアル、ハウツー、アドバイスなどが含まれ、視聴者のニーズに応えることを重視します。
    このコンテンツは視聴者の信頼を築き、価値を提供することで長期的な関係を構築します。

     

HHH戦略を適用することで、企業は異なるコンテンツタイプを組み合わせて、視聴者の幅広いニーズに応えることができます。
「Hero」「Hub」「Help」の3つの要素をバランスよく組み合わせることで、ブランドの知名度向上、視聴者との深い関係構築、価値提供などの目標を達成する効果的な動画マーケティング戦略を実現することができるでしょう。

KPI設定

動画マーケティングは、映像コンテンツを活用して製品、サービス、ブランド、またはメッセージを広告や宣伝の手段として活用するマーケティング戦略です。そしてKPI(Key Performance Indicators)は、マーケティング活動の成果を評価するための指標であり、目標達成の度合いや効果を測定するために使用されます。動画マーケティングにKPI設定を取り入れることで、戦略的な目標と成果を結びつけ、効果的な戦略の実行と評価を可能にします。

KPIは目標に直接関連し、その成果を評価するための数値です。例えば、ブランド認知度向上の場合、KPIは視聴回数、シェア数、コメント数などになるかもしれません。動画マーケティングの成果や進捗を測定するための具体的な数値やデータは、視聴回数、再生時間、視聴率、クリック率、コンバージョン率、シェア数などです。

動画マーケティングの開始後は、選定したKPIに関連する測定値を追跡します。これらの測定値は、進行状況を把握し、目標達成に向けた進捗を監視するための情報源です。

データ分析を通じて、どの部分が成功しているか、どの部分が改善の余地があるかを特定しましょう。その後、戦略やコンテンツの最適化を行い、KPI達成に向けた努力を強化します。

動画を内製するか外注するか

動画を内製するか外注するかは、動画マーケティングを行う際の重要なポイントです。自社に内製する技術があるのか、動画マーケティングにどれくらいのコストを投資できるのかなどは、企業ごとに異なります。

動画の内製が難しい場合は、プロの動画制作会社に依頼することを検討すべきでしょう。プロの動画制作会社は、撮影や編集などの技術に加え、動画マーケティングの検証結果などのデータも蓄積しているため、目的に合った高品質な動画を制作できます。

まとめ:動画マーケティングでは目的設定や戦略が必要

インターネットで動画の視聴をする機会が増え、企業の商品やサービスに関する情報を動画で調べる方も多いようです。商品の認知度向上や集客、購買促進、顧客サポートなどに利用できるため、その価値はますます高まりそうです。

動画マーケティングに関することは、ぜひ大平印刷へご相談ください。

大平印刷の映像・動画制作
企画、絵コンテ作成から撮影、編集までワンストップ対応

最新のお役立ち情報