MENU

展示会ブースでの動画活用法 制作のポイントや事例を紹介

2023年8月21日

展示会は、多くの来場者に向けて自社の製品やサービスを知ってもらうために重要な場となります。
ブース内展示物や説明員がメインコンテンツになりますが、さらに動画を活用することでサービス説明の新たな表現が可能となります。

では、展示会で活用する動画はどのような役割があり、どのような点に注意して制作を進めればよいのでしょか。
本コラムでは、展示会で活用する動画の制作ポイントや動画の事例について解説します。
展示会を盛り上げるための、効果的な活用方法を押さえておきましょう。

展示会で流される動画の役割

展示物の魅力を効果的に伝えるためには、映像のクオリティと解説の分かりやすさが重要です。
展示物の詳細や特長を見せる動画、商品やサービスの使用例を紹介する動画などが有効です。

展示会で流される動画には、以下のような種類があります。

・商品・サービス紹介動画
商品やサービスについての理解を深めてもらうための動画です。

・会社紹介動画
会社の認知度アップを目的にした動画です。

・ティザー動画
商品やサービスの一部を提示し、詳細はパンフレットを活用したりブースで紹介したりするための動画です。

展示会で動画を活用する効果

動画は視覚と聴覚を同時に刺激するため、展示物の魅力を生き生きと伝えることができます。
クオリティが高く臨場感のある映像は来場者に強い印象を与え、ブランドや商品、サービスなどの魅力を際立たせます。

また、動画は情報を効率的に伝達し、来場者の理解度を向上させます。
重要なポイントや特長を短時間で伝えることができるため、来場者の関心を引きつけ、効果的な説明や使用方法の紹介などを行うことが可能です。
展示会での動画活用は、展示効果の向上やブランドのプロモーションに大いに役立つでしょう。

近年ではオンライン上で展示会を行うバーチャル展示会も盛んに開催されています。
この形式ではすべてのコンテンツがオンライン上で展開されるため、動画コンテンツが極めて重要な役割を果たします。

バーチャル展示会についてはこちらの記事もご一読ください。
バーチャル展示会とは?メリットや活用事例をツール選びのポイントとともに紹介

展示会の動画活用事例

展示会で使う動画は、商品・サービスの紹介と会社・事業の紹介に大きく分けることができます。
行き交う人々への興味喚起や、スタッフが対応しきれない人数の来場に備える手段として有効です。

商品・サービス紹介動画は、自社の商品・サービスの理解促進を主な目的にする動画です。
商品を動画で撮影したシンプルなもののほか、商品・サービスの利用シーンを紹介したり、商品の説明をしたり、課題や悩みの解決策を提示したりと、さまざまな内容が考えられます。

会社紹介動画では、オフィスや工場などの様子や風景、経営者や社員のインタビュー、図表などを活用した企業データといった内容が想定されます。

展示会用であれば、伝えたいことを端的に表現できるような、短い動画が適しているでしょう。
会場では動画をループ再生することで、来場者は見逃した部分も見ることができます。
以下で具体的な活用例をご紹介します。

株式会社あたぼうの「スライド手帳」

手帳を開発、販売している「株式会社あたぼう」の展示会用動画が、YouTubeで公開されていますのでご紹介します。
商品名は「スライド手帳」です。手帳という見慣れたアイテムであっても、アイデア次第でより有用につくことができるということを、商品を中心に撮影した動画です。
スライド手帳 展示会用動画 - YouTube

株式会社クマヒラの「感染症対策ソリューション」

株式会社クマヒラの「感染症対策ソリューション」についてのYouTube動画も公開されています。
感染症対策とう、多くの人や企業が興味を持つ内容を、実際のシーンに併せた映像とすることで、サービスの活用方法を具体的に示している動画です。
【事業紹介】株式会社クマヒラ様_感染症対策ソリューション紹介映像(PROOX制作実績) - YouTube

株式会社アラヤの「AIソリューション」

株式会社アラヤの展示会用動画が、動画制作会社によりVimeoで公開されています。
Vimeoは、海外の動画配信プラットフォームで、ハイクオリティな動画が配信されています。
こちらの動画は、サービスや事業内容の紹介を、実際に開発に携わった人物が自分の言葉で語ることで説得力を増すように工夫されています。
【事業紹介】アラヤ様_コンセプトムービー (BGMスタンダードテンポver) on Vimeo

展示会動画制作の費用相場

以下に、展示会用の動画を制作する場合の費用相場を大まかに解説します。
具体的な制作費については、動画制作会社の公式Webサイトを確認し、複数の制作会社から見積もりを取るなどしてご確認ください。

一般的な展示会用動画を想定していますが、制作する動画によっては提示した費用相場を超えることも十分に考えられます。
下記では実写動画とアニメーション動画に分けて説明していますが、この2つを組み合わせて制作することも可能です。

実写動画の費用相場

実写動画の制作費用の相場は10~200万円程度です。

実写動画の費用の主な内訳は、「企画」「撮影」「編集」です。
このなかでも、撮影費は人件費・機材費・交通費などに応じて高くなる傾向があります。
そのほか、製品やサービスだけで制作するのか、社員が出演するのか、俳優やモデルを用意する必要があるのかといったことも料金を左右する要素になるでしょう。

社員が出演することを前提として、半日程度で撮影し、3日間程度で編集できる簡易的な動画であれば、30万円程度で制作が可能です。
撮影だけで3日程度かかり、その後ナレーションなども加える本格的な動画になると、100万円以上の費用がかかる場合もあります。

実写動画は、撮影に参加する人数や規模、撮影期間などによって費用が変動します。

アニメーション動画の費用相場

制作費用の相場は20~300万円程度です。

アニメーションの質によって、料金は大きく変わります。
静止画をパラパラ漫画にしたような簡易な動画であれば、費用を抑えることができます。
また、既存のイラスト素材を利用するのか、オリジナルのアニメーションを新たに制作するのかでも費用が異なります。

さらに本格的なアニメーションになると、費用は一気に高くなるでしょう。
なお、自社で所有している素材や画像を使用することで費用を削減できます。

展示会で動画を活用する際のポイント

商品・サービスの紹介や会社・事業の紹介などを考慮しつつ、目的を明確にし、展示会のテーマや目標に合わせた動画コンテンツを制作しましょう。
展示会動画の制作では、来場者の興味を引く要素や魅力的な映像表現を取り入れ、メッセージを効果的に伝えることが重要です。

展示会では短めの動画を何度も繰り返し流すことが多いため、動画の最初に興味を引く印象的なオープニングを用意しましょう。
例えば、引き込まれるような映像やメッセージコピー、効果的な音楽などです。
来場者の目を引くために、高品質の映像やグラフィックス、魅力的なデザインを使用してください。

そして、動画の主題や伝えたいメッセージを明確にし、簡潔に伝えることが重要です。
長すぎる説明や複雑な内容は来場者の興味をそらす可能性があります。

また、展示会の雰囲気やブースのデザインと一体化させるために、映像のスタイルや配色などを調整します。
展示会のテーマ自体が企業との関係性が強いことが多いため、企業のブランディングの延長として考えてもよいでしょう。
近未来的なテーマなのか、自然や環境に関連するテーマなのかなどについても考慮し、ブースや展示会全体のテーマとの統一を図ってください。
ロゴや配色、フォントなど、企業のブランドイメージも映像に取り入れましょう。
ブランドカラーを効果的に使用することでも一体感を演出できます。

展示会展示する製品、サービスの雰囲気やテーマに合ったBGMや効果音を選定することで、よりいっそう一体感が増します。

さらに、展示会の規模や場所に合わせた再生環境の準備やディスプレイの設置も慎重に行い、ディスプレイの大きさや配置も考慮して映像の見やすさと効果を最大限に引き出しましょう。

そしてディスプレイは、通行量が多く目につきやすい場所に、来場者が快適に視聴できる高さで設置してください。
環境光のコントロール、音声の確保、ループ再生、自動再生とボリュームなども重要なポイントです。

最後に、適切なタイミングで映像を再生し、来場者の関心を引きつけるタイムテーブルを検討します。適切なタイミングを把握することで、効果的なプレゼンテーションを行うことができます。

オープニングであったり、終盤であったり、状況によっては休憩中や待ち時間にゆっくりと見てもらったりという使い方をしてもよいでしょう。
トピックに合わせたり、プレゼンテーションの一部として使用したりと、適切なタイミングで動画を再生することで、来場者により強いインパクトを与えることができます。
ただし、展示会の状況やプログラムに合わせて、適切なタイミングを慎重に選定することが重要です。

まとめ:動画制作を活用して展示会を盛り上げよう

展示会において、動画は魅力的な映像と音声を通じた効果的なプロモーションを実現します。
来場者に情報を的確に伝え、興味を引きつけることで展示効果を最大化します。映像の品質や再生環境にも注意し、目的に合わせた動画コンテンツを展開してください。
そして、魅力的な映像を通じて、展示会の成功を目指しましょう!

大平印刷の映像・動画制作
企画、絵コンテ作成から撮影、編集までワンストップ対応

最新のお役立ち情報