大平印刷株式会社

ニュースリリース / news

2019.10.28

印刷専門情報誌「印刷タイムス」に、大平印刷の友禅印刷が掲載されました。

大平印刷株式会社のオリジナル印刷技術である「友禅印刷」が、印刷専門情報誌「印刷タイムス 第3028号(10月20日発行)」に掲載されました。

 

友禅印刷は友禅染めの技術を印刷に応用した大平印刷オリジナル技術で、紙に意匠性と機能性を付加する印刷手法です。
印刷タイムスでは弊社が友禅印刷を開発するに至った経緯から、友禅印刷に対する想い、友禅印刷の事例など詳細な情報が掲載されています。

 

ぜひ下記のPDFをご覧ください。

 

■PDF: 印刷タイムス20191023

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.10.02

大平印刷の事業案内に【モックアップ】を追加しました

この度、事業案内ページに新たに【モックアップ】を追加いたしました。

モックアップとは、新製品の決裁会議や、流通様向けの新製品提案時の見本、また本番印刷時の色見本となるダミーの総称となります。
モックアップ活用のメリットや、作成時のセキュリティについても掲載しています。

ぜひご覧ください。

 

■事業案内【モックアップ】

https://www.taihei.co.jp/service/service12

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.09.30

女ゴコロをくすぐるモノ・コト・シゴト『TKG PRESS』 vol.7 を発行・公開(Web版)いたしました。

 

この度、2019年10月1日に『TKG PRESS』 vol.7 を発行・公開(Web版)いたしました。

 

■TKG PRESS  https://www.taihei.co.jp/tkg/

『TKG PRESS vol.7』の特集は「What’s SDGs」です。
SDGs、=“「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」”ということばを聞いたことはありますか?
また、最近はジャケットなどの襟に17の色が円形に並んでいるバッジを付けている人をみかけたことはないでしょうか?

SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界の実現をめざし、また「誰一人取り残さない」ことを約束しています。

具体的な達成目標としては、「貧困をなくす」「飢餓をゼロに」「すべての人に健康と福祉を」といったことから「人や国の不平等をなくそう」「ジェンダー平等を実現しよう」、さらには「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさを守ろう」など、環境や衛生・教育、ジェンダーや国の平等性、そして資源のことまで、いわばこの世の問題のすべてを包括しているともいえます。

TKGメンバーがSDGsというものの存在を知ったばかりの頃、こんな大きな問題を私たちが解決できる? と、やや懐疑的でした。
立ち向かうものが余りにも大きすぎるから。

前置きがながくなりましたが、TKGメンバーが所属する大平印刷で、そんな大問題に取り組むための地ならしに、SDGsゲームを実施しました。
モノは考えよう。大きすぎて私たちを怯ませる問題も、知恵と勇気とユーモアがあれば、どこからか、解決にむけた突破口が作れるのでは? と希望を感じ、地球をベストなコンディションで次世代に引き継ぐために、私たちにできることは? に色々な角度から考えられた時間でした。
今号では、そんなゲームの様子をレポートしています。また、SDGsにつながる企業の取り組みなどを取材しています。

今号はウェブ版も同時公開です。
ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

■TKG PRESS vol.7 コンテンツ
特集<What’s SDGs?>
◇第1面・とびら◇
・プチ座談会 -持続可能な世界実現のために取り組む、SDGsって何なんだ!?

◇第2~3面◇
・(レポート)SDGsゲームをやってみた!
・創業時の「こころ」が受け継がれる風土と仕組み ~モスフードサービスの場合~
・女性活躍の土壌づくりを段階的に推進、継続 ~京都銀行の場合~

◇第4面◇
<コラム WOMANOEYES>
米どころ新潟の女性発想にエール ~米袋を活かすエコバッグ ただいま人気沸騰中~
<コラム Miri’s Column>
自分ごとになった私のSDGsとは
・編集後記 ~私にできるSDGs~

■TKG PRESS では、皆様のご意見・ご感想をお待ちしております!
tkg@taihei.co.jp

■vol.8の発行は、2019年12月を予定しています。

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.09.30

京都府立大学のグリーンセミナーに、当社の木内茂夫が講師として登壇します。

2019年10月11日に京都府立大学 環境・情報科学科が主催するグリーンセミナーにて、「老舗印刷会社のプロが摘み取る「彩り(いろどり)」と題して、当社製造部の木内茂夫が、色や印刷について詳しく説明をいたします。

 

◆京都府立大学グリーンセミナー

タイトル:老舗印刷会社のプロが摘み取る「彩り(いろどり)」
講演者 :木内 茂夫

開催日時:令和元年10月9日(水)14:30分~16:00
開催場所:京都府立大学6号館 ホール2

https://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=7326

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.09.19

英語版コンテンツ「Digistyle Kyoto Magazine」を公開しました。

この度、大平印刷が運営する京都の情報サイト「デジスタイル京都」の姉妹サイトとして、英語による情報をお届けする「Digistyle Kyoto Magazine」を公開しました。

 

■Digistyle Kyoto Magazine
http://www.digistyle-kyoto.com/en
「Digistyle Kyoto Magazine」では「デジスタイル京都 京マガジン」で運用している、ライターによる取材コンテンツのノウハウを活かし、新たに外国人ライターとタイアップをして、”京都を愛する外国人目線で、京都の魅力を紹介する”記事を公開してまいります。

 

第1弾としては

「Kyoto: Through the Eyes of Local Experts」というテーマで、こだわりの職人さんたちとの出会いを綴る企画と、「A beautiful Kyoto building recommended by Englishman enthusiasts」として、イギリス人から見た京都の建築物の美しさをお伝えする企画でスタートいたします。

 

今後もさまざまなジャンルを得意とするライター陣によるコンテンツを発信してまいります。

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.09.17

<プロジェクト成果発表会>を開催しました。

 

大平印刷は、2019年9月13日(木)に、<プロジェクト成果発表会>として、30社45名のクリエイティブ系協力会社の皆様にお越しいただき、社内プロジェクトの成果として生み出された、以下のアウトプットに関する情報を共有させていただきました。

 

デジスタイル京都
大平印刷が考えるユニーバーサルデザイン
XMFワークフローシステムについて
ドローン撮影
・パッケージダミー制作「モックアップ」
液晶モニタ内蔵パンフレット「e-パンフ」
極小ドットの二次元コードを活用した「音声ペン」
友禅印刷

 

このような大平印刷の取り扱い商材が、多くのクリエイティブを手掛けられている皆様にとって、さまざまなシーンで付加価値向上のご提案につながるアイテムとしてご活用いただくことができれば幸いです。

 

大平印刷では今後もお客様のお役立ちに向けた様々な活動を継続してまいります。

 

 

IMG_1006

IMG_1022

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.07.25

夏期休業のお知らせ

誠に勝手ながら、下記の期間を夏期休業とさせていただきます。
休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

【休業期間】2019年8月10日(土) ~ 2019年8月14日(水)

 

なお、休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.07.22

高齢者水晶体模擬メガネ「シニアビュー」を発売します。(カラーユニバーサルデザイン支援ツール)

 

大平印刷株式会社(京都市伏見区舞台町1番地 代表取締役社長水野整)は、伊藤光学工業株式会社(愛知県蒲郡市宮成町3番19号 代表取締役伊藤寛)が、横浜国立大学大学院環境情報研究院、岡嶋克典教授の開発・監修により製造した、高齢者の水晶体の加齢変化を若年者が体験できるメガネ「シニアビュー」を販売します。

 

【製品の用途】
高齢者向けの製品開発やコミュニケーションツールの評価にお使いいただけます。

【製品の概要】 
水晶体加齢モデル(Two-factorモデル)に基づき、眼に疾患のない75歳の平均的な水晶体分光透過率を、眼に疾患のない32歳の平均的な分光透過率で割ったものに近い分光透過率となるように設計。本メガネを装着することにより水晶体変化のある高齢者の視認性を擬似的に体験できます(詳細は別紙1ご参照)。
本商品は、本来高齢者しか感じ得ない視覚を体験することができ、ユニバーサルデザイン商品開発や、介護などの現場教育での活用が期待できます。

【発売の概要】
販売開始:令和元年7月22日
販売価格:35,500円(消費税込み)
販売代理店  :大平印刷株式会社(〒612-8338 京都市伏見区舞台町1番地)
ご購入方法  :「シニアビュー」専用ホームページから販売
http://www.variantor.com/senior/

*高齢者水晶体模擬メガネについての詳細は【別紙1】をご参照ください
*開発の経緯・用語説明ついては【別紙2】をご参照ください

 

【別紙1】高齢者水晶体模擬メガネについて

【別紙2】開発の経緯

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.07.08

京都産学公連携セミナーに、当社常務執行役員・杉本 豊明が講師として登壇します。

2019年7月31日に京都リサーチパークで、令和元年度 京都産学公連携セミナー「成功事例に学ぶ 学の知恵を活かしてイノベーションを創造する」が開催されます。

 

このセミナーに大平印刷 常務執行役員 杉本豊明が登壇し、「友禅染の技術の機能性印刷技術への展開」と題して、弊社が大学と取り組んだ友禅印刷の技術開発について、事例紹介をいたします。

 

2011年に研究開発を始めた友禅印刷は、2014年頃より京都府立大学大学院 生命環境科学研究科の細矢教授の協力を得て、紙にさまざまな機能を付加する機能性印刷を展開するに至りました。

こうした発展のプロセスは、まさに大学の知恵と研究を活用することで進めることができたといえます。

 

この度の講演では、産学公連携の有効性の一例として、大平印刷における友禅印刷開発のあゆみをご紹介する予定です。

 

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

—————————–

令和元年度 京都産学公連携セミナー「学の知恵を活かしてイノベーションを創造する」

 

日時:2019年7月31日(水) 12:45~17:10 ※受付開始12:15~

場所:京都リサーチパーク(KRP) 1号館4F「サイエンスホール」

ご参加対象:企業の経営者や開発担当者、個人事業主、大学や専門学校、公的研究機関・自治体関係者

※入場無料 先約100名様

 

申し込み方法…

下記の公式ページからお申込みください。

https://sangakukou.kyoto.jp/event/sangakukourenkeisemina-2019/

 

 

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。

ニュースリリース / news

2019.07.08

女ゴコロをくすぐるモノ・コト・シゴト『TKG PRESS』 vol.6 ~夏暁号~ を発行しました。

 

2019年7月8日に『TKG PRESS』 vol.6 を発行いたしました。

■TKG PRESS  https://www.taihei.co.jp/tkg/

 

『TKG PRESS vol.6』は特集を「新時代、私の○活」と題してお送りします。
この5月に改元があり、平成から時代はいよいよ令和へ。
新しい時代にふさわしいことって何だろう? と考えてみました。

TKGメンバーとともに、新しい時代になにをやりたいか? を話し合うと、やはり「旧い何かを打破したい!」と意気込むメンバーが続出しました。
新時代というのは、誰もが感じる大きな区切りなのだろうと思います。

平成には数多くの価値やサービス、仕事が生まれましたが、令和にはもっと変化することが予想されます。『TKG PRESS』では、これまで何度か、“未来”について取り上げましたが、今号でもさまざまな未来のエッセンスをちりばめています。ぜひご一読いただくとともに、皆様のご意見・ご感想もお待ちしております。

なお、『TKG PRESS』vol.6 Web版につきましては、用意が整い次第、改めてご案内させていただきます。

 

■TKG PRESS vol.6 コンテンツ
特集<新時代、私の○活>

◇第1面・とびら◇
・プチ座談会 -令和到来!

◇第2~3面◇
・復活!(服活?)プロのチカラでイメチェン実現!
・整活! 思い出の品々を上手に整理して、新しい一歩を!
・筋活! 体づくりの費用対効果
・シェア活! カーシェアが、クルマ所有の未来を変える!?

◇第4面◇
<コラム WOMANOEYES>
手抜きはしない。ひと手間かける私流ごちそうの素 ~自活? 時活?「家庭用半調理商品」登場~
・編集後記 ~勝手にブーム予想! 令和にはコレが来る!~

 

■TKG PRESS では、皆様のご意見・ご感想をお待ちしております!
tkg@taihei.co.jp

■vol.5の発行は、2019年9月を予定しています。

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。