大平印刷株式会社

ニュースリリース / news

2019.12.17

2019年12月17日に『TKG PRESS』 vol.8 を発行・公開(Web版)しました。

 

■TKG PRESS  https://www.taihei.co.jp/tkg/

 

『TKG PRESS vol.8』の特集は「インバウンド コミュニケーション」です。
日本国内で“観光熱”が高まり続けています。
今年、日本で開催されたラグビーワールドカップの期間中は、ラグビー精神に則った、気持ちのよい交流を伝えるニュースをたくさん聞きました。そして来年は東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、国内各地ではさらに多くの人を受け入れるための準備に余念がありません。

一方で大平印刷のおひざもと・京都では「オーバーツーリズム」に対する議論も高まっており、今以上の外国人観光客の受け入れには懐疑的な意見も聞かれます。しかし京都市内にはまだまだホテルが建ちづづけており、外国人旅行者の方は今後もさらに増えると思われます。別の見方をすれば、日本に来てくれる人々は、日本に興味を持ってくれている人たち。そんな彼らと、どうすればよい関係を築けるのでしょうか。いままさに考えるタイミングに来ています。

 

今号では、海外からのお客さまと、お互いに気持ちのよい関係を続けるにはどんな方法があるのか、インバウンドにさまざまなかたちでかかわっている方にフォーカスして考えました。日本の文化を深く知っている方ばかりではない海外からのお客さまと、よい関係を築くために必要なものとは? とくにコミュニケーションに焦点を当てて、考えてみました。

ウェブ版もすでに公開しております。
ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

 

■TKG PRESS vol.8 コンテンツ
特集<インバウンド コミュニケーション>

◇第1面・とびら◇
・株式会社エースブリッジ 外国人観光客研究所所長 劉賞美さんのコメント

◇第2~3面◇
・地元住民とつくる、老舗ユースホステルのおもてなし
・富裕層の心をつかむ“おもてなし”の極意
・故郷を愛する、京女たちの挑戦
・アナログ? それともデジタル?? 英会話教室×最新ツールで、現地交流を生み出す

◇第4面◇
<コラム WOMANOEYES>
インバウンドはシーソーゲームのごとく?! ~マカオ探訪雑感より~
<ひとやすみまんがコーナー>
・編集後記 ~死ぬまでに一度行ってみたいところ~
■TKG PRESS では、皆様のご意見・ご感想をお待ちしております!
tkg@taihei.co.jp

■vol.8の発行は、2020年2月下旬を予定しています。

本件に関するお問い合わせ

大平印刷株式会社 営業企画部 担当:三山口(ミヤマグチ)
TEL:075-605-3306
お問い合わせはこちらのフォームからも受け付けております。