• 商業印刷
  • パッケージ印刷
  • Webプロモーション

ソーシャルメディアポリシー social media policy

大平印刷株式会社のソーシャルメディアポリシー

大平印刷株式会社(以下「大平印刷」)では、お客様へより良きプロモーションをご提案するためにソーシャルメディアの活用を、従業員にも推奨しています。 従業員がソーシャルメディアを活用するうえで、守るべき姿勢・行動につき、以下のとおり定めます。

<基本ポリシー>

大平印刷の従業員は、ソーシャルメディアを活用するにあたり、法令を遵守するとともに、社会倫理を十分に認識し、社会人としての良識と責任をもって、一般常識から逸脱した言動がないよう常に心がけてコミュニケーションに臨みます。

<ソーシャルメディアによる情報発信における「自覚と責任」そして「心構え」>
  1. 情報発信にあたっては、法令や大平印刷が定めたプライバシーポリシーなどの規約を厳格に遵守します。特に、著作権、商標権、肖像権など第三者の権利を尊重します。
  2. オープンかつフェアな姿勢でコミュニケーションにつとめます。
  3. ご利用者の発言に対し傾聴の姿勢を忘れず臨みます。
  4. 情報発信に責任をもち、誤解を与える発言のないようにつとめます。
  5. 一人ひとりの情報発信が、さまざまな影響を持つことを十分に認識します。
  6. インターネットへの情報発信は、不特定多数のユーザーがアクセス可能であることを常に認識します。
  7. いったん公開した情報は、完全に削除できないことを理解します。
  8. 従業員と利用者のみなさまとがつくり出すコミュニケーションを通じて良好な関係を構築します。
<ソーシャルメディアをご利用のみなさまへ>

大平印刷ソーシャルメディア公認アカウントから投稿されたコメントなどの情報は、担当者によるものであり、大平印刷の公式見解ではないことをご理解ください。
正式な発表については大平印刷公式サイト上で情報発信を行います。
また、ご覧いただくアカウントによりコミュニケーションの方法(返答可否・対応時間・手段)が異なる場合があります。それぞれの運用については、お手数ですが、下記ソーシャルメディア公認アカウント一覧をご覧ください。また、ソーシャルメディアにおける情報は、発信時点のものであり、その後変更されることがあります。

なお、大平印刷はみなさまからの投稿などが下記のカテゴリーに該当する場合、必要に応じて該当するユーザーコンテンツを削除することがありますのでご了承ください。

  • 個人や企業(団体)に対する誹謗中傷や第三者の権利を侵害する情報
  • 各公認アカウントまたは大平印刷の業務を大きく妨害する情報
  • 明らかな虚偽の情報
  • 違法な情報や公序良俗に反する内容を含む情報
  • 権利が保護されているソフトウェアの無許可でのアップロード
  • コンピューターウイルスを含むファイルのアップロード
  • 署名や法律上の表示が削除された情報
  • 作成者名が偽装された情報
  • その他、運営にあたり大平印刷が不適切と判断した情報
<大平印刷ソーシャルメディア公認アカウント一覧(2011年12月現在)

■twitter
-「DigiStyle京都」公認アカウント http://twitter.com/digistylekyoto

■facebook
-大平印刷株式会社公認アカウント http://www.facebook.com/taiheiweb
-「DigiStyle京都」公認アカウント http://facebook.com/digistylekyoto

■YouTube
-大平印刷株式会社チャンネル http://www.youtube.com/taiheiprinting
-DigiStyle京都チャンネル http://www.youtube.com/digistylekyoto

■Google+
-TAIHEI Web+[タイヘイ・ウェブ・プラス] https://plus.google.com/103015006878430659881/

■ブログ
-DigiStyle京都 スタッフブログ http://d.hatena.ne.jp/digistyle-kyoto/

  • 商業印刷
  • パッケージ印刷
  • Webプロモーション
  • TAIHEI Web
  • TAIHEI 撮影スタジオ
  • TAIHEI DigiStyle京都
  • 大平印刷の今がわかる TAIHEI NOW
  • ニュースリリース NEWS RELEASE